住宅ローンの審査が必要書類件をまとめてみた

住宅ローンの諸費用

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳しく行われます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

審査に通れば、契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。

念願だったマイホームを購入してから数年で、病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。

一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。

その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。

それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。

ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

これから先、親との一緒に住むことになっている方にこの場を借りて新しい住宅ローンについてご説明致します。

通常、ローンを組む場合には年齢が制限されているために高齢になると申請できないといった問題があります。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなく返す時期をずらしていく為に可能なのです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

是非、こうしたローンも視野に入れて検討してみて下さいね。

マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは資金をどうするか?という事ではないでしょうか。

多くの方は、銀行などから住宅ローンを申し込みすると思います。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

支払をする期間はとても長いので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残った借金が0円になる。

という残された家族にもメリットがある保険です。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は調査によると40%の方が利用しているそうです。

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。

住宅ローン景気に左右される

住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

大切な点はどのような職業、勤続年数は何年、年収はいくらか?が主に参考にされます。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども大事な審査の対象になりまのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをした方が良いと思います。

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点は35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

フラット35だからといって、審査内容が甘い。

といった事もありません。

他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。

という所です。

これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている方は完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。

思い掛けない収入が入った場合など、それも返済に充てたい時は繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

実際に利用している方の声も参考になるので、見てみましょう。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、審査に落ちた…なんて方は意外と少なくないのです。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

これから、新築または中古の家を購入される方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えを考えている方も多いでしょう。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを考えている時はそういった事も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。