本当に住宅ローン審査の必要書類は悪いのか?

住宅ローンで家を建てよう

自分の家を建てよう!と思ったとき役立つものとして住宅ローンがあります。

申し込みは、銀行や信用金庫などから申請も出来ますがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。

返済期間は人によってそれぞれですが一番長いもので最長35年が選べます。

とはいっても、申込時の年齢によって不可能になる可能性もあります。

多くの場合、40歳以上を過ぎる申し込みに関しては難しくなるケースが多いようです。

一生の中でも一番大きな買い物とも言える、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

まだローンを組む銀行が決まっていないという方も、まずは実際に利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

その人気の理由は、何よりも金利の安さにあります。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、今ならキャンペーン中なのでとてもお勧めです。

けれども中には悪い評価をしている方がいるのも事実です。

後で後悔しないためにも今できる最善を尽くしましょう。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金が0円でもOK!と言った様な広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入すると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

家を購入するとき、だれでも最初に考えるの事は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。

ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。

支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険にも加入するように言われます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残った借金が0円になる。

という保険です。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

将来、中古でも新築でも家を購入される場合はローンの他に火災保険にも入らなければなりません。

これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合にこの保険に加入していないとその分のローンが残るだけでなく、いかなる理由があっても支払いを続けなければなりません。

このような事にならないように、加入しておけばお金を貸したローン会社もあなたも損をしない選択なのです。

まずはこのような必要性がある事を把握しておきましょう。

住宅ローンのポイント

長年の夢だったマイホームを購入してまもなく、病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。

大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。

ただ中には癌だと分った時点でお金が振り込まれる場合と、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いのでこのような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

長年の夢だったマイホームを目指して住宅ローンを組んだのに、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、全て計算してから考えてみるべきなのです。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行では想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

これから数年以内に住宅ローンを考えている方は、これは抑えておきたいポイントがあるので参考にしてみて下さい。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、最終的に実質負担額が増えてしまったという事もあります。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですが特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。

こちらの融資は、十分な経費を用意できない場合、臨時で融資してもらう特別なローンの事を指します。

一般的には、家のローンは完成してから始めて融資されるので工事をしている期間には、以上のようなローンを組む方もいます。

但し、こちらの借入れの場合利息がとても高いので一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。